2010年07月19日

にじのわ。

虹の輪.jpg 




 暑い、熱い24時間リレーマラソン2010in舞洲が終わりました。
 
 今回の目標は「気持ちよく24時間走りきる」。
タイムや周回数ではなく、24時間故障なしに走りきることが目標だったのですが、開始5時間でまず左膝に激痛が走りました。6時間後には左を庇った右にさらに強い激痛が。着地するたびに飛び上がるほどの激痛に襲われました。過去2回出場しているこのレース。コース内でしゃがみこんだのは初めての経験でした。
それでも1周1.7kmのコースを一人でたすきを通過させなければチームは失格。先に進むしかありません。
 
 歩くことが精一杯で、ひたすら歩いた3周回。チームメンバーやリーダーはパスやリタイヤも薦めてくれました。でも休んだら次も休みたくなるだろうし、リタイヤしてしまったら感動のエンディングは後悔で迎えることになることを知っていました。過去2回のレース、いつも苦しい、痛い思いをしながらも、それでも毎回エントリーするのはエンディングの感動を知っているからなのです。

 日が落ちて、痛みは増すばかり。おまけに冷えと湿気が疲れた体をさらに痛めつけます。椅子の上に置いた乾いたTシャツがたった30分で重たく感じるほどの湿気を含む夜。こんな寒いレースの夜も初めてでした。いくら着込んだところでその着こんだものがどんどんと湿気を吸収し、その湿気が気化熱で体温を奪っていく。気力までも奪われる気分でした。

 朝4時過ぎに東の空がうっすら明るくなり、日が昇ると隣の椅子で寝ていたチームメンバーがポツリ「太陽ってすごいね」。
うん、ホントすごいと思いました。熱を与え、湿気を乾燥させる。太陽のチカラを感じました。

 朝6時。残り時間はあと6時間。やっと終わりが見えてきました。このくらいから周りのメンバーの様子が見られる気持ちの余裕が出てきました。何が何でも最後まで抜けないぞ。そう思って出たコース。


 中継地点から丘を駆け上がり見上げると雲ひとつない真っ青な広い夏空。丘中央の中洲部分まで行くと給水ポイントが2箇所。一箇所は飲料水、もう一箇所はシャワー。この霧のシャワーをくぐった瞬間、濡れたアスファルトに、自分を中心に虹の輪が。歩数にしてたった3歩だけ。アタシの歩調に合わせて虹の輪が動く風景。生まれて初めて見ました。


 アタシのラストランは11時05分出発。1.7kmは歩くとちょうど20分。チームメンバーはそれを予測して次のランナーを中継地点に送り届けます。……歩けば、だったのです。
誰も、アタシ自身も走れるだなんて思ってなかったんです。
でも最後に完全燃焼したかったんです。激痛が走ろうとも足を引きずろうとも、これでこのレースも走ること自体からも引退になってもいい、走ってやろうと思いました。



 なぜでしょう?さっきまで着地するたびに激痛が走っていた膝が軽い違和感のみになっていました。走れる?本当に?


 第一の関門。中継地点を抜けてすぐにある湿った土の登り斜面。足場が悪くそこそこの勾配。いつもこの勾配で痛みに耐え切れず歩き出していました。坂の途中や登りきったところで痛みに耐え切れず何回もしゃがみこんだ斜面。恐る恐る歩を進める。登れた?!
そこからアスファルトの道に入る。先ほどより少し緩やかな登り斜面。それを通過し、曲がると虹の輪が。
たった1秒しか見えない奇跡のような光景。虹の上を歩いているような錯覚を覚える風景でした。


 長い海沿いのコースを折り返し、給水ポイントの前に派手なシャツを着たおじさんが。
このおじさん、実は夜明け前からずっとそこに座って笑顔でランナー一人一人に「がんばれ!後○時間だ」と応援してくれてました。何度も何度もそのおじさんの前を歩いて通過していたアタシ。おじさんは覚えていてくれたようです。「よし!走れる!もうちょっとだ!」今までで一番の笑顔で声をかけてくれました。


 そこから先、フェンス沿いの道はすでにエンディングを迎えようと多くの人が応援に集まっているエリア。数え切れない人数の人々に一人一人にハイタッチをしながら走り抜ける。そう、この感動が忘れられず、毎回エントリーするのです。最後まで走らなければこの「会場が一体化する瞬間」を味わえないのです。


 ついついハイペースで最後のカーブを曲がり、中継地点へ。これでアタシのレースも終わりかと思ったら




 なんと早く帰りすぎて次の走者がいませんでした(汗




 仕方がないので、もう一周。(書くのがめんどくさいので数行前の「アタシのラストランは……」から読み返してください)



 無事チーム全員で完走をした2010。
今年は3チーム26ランナー、サポーターを含めると73人での参加でした。
最後の挨拶でチームリーダーは「来年もこのメンバーから声をかけます。ぜひまた走りましょう」と。


 また来年も暑い・痛い・熱い夏になりそうです。




posted by ハト。 at 20:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

告訴。

不正アクセス禁止法
 不正アクセス禁止法とは、「ID・パスワードの不正な使用」や「そのほかの攻撃手法」によってアクセス権限のないコンピュータ資源へのアクセスを行うことを犯罪として定義するものである。不正アクセス禁止法の目的は以下のようになる。
 「電気通信回線を通じて行われる電子計算機に係る犯罪の防止及びアクセス制御機能により実現される電気通信に関する秩序の維持を図り、もって高度情報通信社会の健全な発展に寄与すること」(第1条より)

 この条文は簡単にいうと、「ネットワークを利用してほかの端末に不正行為が行われることを防止したり、アクセス制御を越えて権限のないコンピュータ資源へアクセスするなどの、ハッキングに代表される行為を犯罪として定義し、罰することを規定することで秩序を守り、それがネットワーク社会の正常な発展につながる」といった具合になる。なお、不正アクセス禁止法において犯罪と定義されるのは以下のような行為である。

他人のID・パスワードを奪取・盗用して、その者になりすましてアクセス認証を越える行為は犯罪になる
なりすまし以外の攻撃手法を用いて、認証サーバをだまし、それに従属する目標の端末を利用可能にする行為は犯罪になる
目標の端末を利用可能にするために、その端末の属するネットワークのゲートウェイ端末のアクセス認証をだまして、その内部ネットワークの目標を達する(目的端末を利用可能にしてしまう)ことは犯罪になる
 上記3つの犯罪の場合、罰則は1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科される。
 また特定のアクセス制御を有する端末に関しての、認証情報(ID・パスワードなど)をその端末利用者や管理者以外の人間に漏らしたり流布してはいけない、ということも規定されており、これは「不正アクセスを助長する行為」として犯罪とされ、本法により罰せられる。 この場合の刑は30万円以下の罰金刑である。

 またシステム管理者は担当する当該システムが不正アクセスに遭わないように、常に適切な管理措置を講じる必要があると規定されており、これは努力義務である。

以上が不正アクセス禁止法の概要である。
posted by ハト。 at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

閉まった扉。

DSC01021.JPG



扉を開けるには鍵が必要だけど、開けるための鍵はひとつとは限らない。
posted by ハト。 at 19:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

JAPAN HAIR DONATION & CHARITY




現在『THE SALON』では、小児がんで髪の毛を失った子供達や、病気等で髪の毛を失った人たちを 特定非営利活動団体 JAPAN HAIR DONATION & CHARITY × THE SALON という形で支援しております。

わずか一人分の子供用ウィッグを作るのに 20〜30 の毛束を必要としており、コストは 20 〜 30万円 ほどかかるのが現状です。

『THE SALON』では 31cm 以上の髪の毛をお切りになって頂いたお客様に対し、髪の毛とお引換に HAIR CUT 施術プライスからディスカウントさせて頂いております。(但し、科学処理された毛髪は対象外となる場合もございます。) この毛束は当店が責任を持ち保管させて頂いた後、まとめて特定非営利団体 JAPAN HAIR DONATION & CHARITYに寄付させて頂きます。 又、『THE SALON』では、売り上げの一部を重い病気や治療、投薬によって「髪」を失われた方々のサポート団体 特定非営利団体 JAPAN HAIR DONATION & CHARITY に寄付しております。

また、抜毛などが原因で気後れしてしまい、ヘアサロンから足が遠のいた、という方など数多くの声を我々はお聞きしております。THE SALONではそういった悩みを抱えていらっしゃる方々が、気軽にサロンに来て頂けるよう対応しております。 お気軽にお問い合わせください。

特定非営利活動団体 JAPAN HAIR DONATION & CHARITY に関しましてお知りになりたい方は下記に紹介してありますのでご覧ください。










HAIR DONATION(ヘアードネーション)
私達は皆様からの毛束の寄付を募っております。
簡単なガイドラインがございますので、それに添って寄付して頂く事をお願いしております。

髪は清潔であり、乾いた状態で寄付して下さい。
最小の長さは 31cm です。くせ毛等の毛束はまっすぐした状態でお計りください。
毛束は根元でしっかりと輪ゴムで止めて、三つ編みにして下さい。毛束中央部、毛先も輪ゴムでしっかりと結んで下さい(しっかりと結んでいないと郵送の際バラバラになり使用できなくなるからです)。
基本的に科学処理された髪(パーマ、ヘアカラー、ハイライトなど)は、お断りしておりますが、コンディションの程度にもよりますので、詳しくは当店にご質問ください。
白髪は許容しております。
用紙に、規定の記入事項を記入して頂きます。記入事項フォーマットをpdf ファイルをダウンロードして 記入いただくか、もしくはE-mail、にて送付させて頂きます。是非お問い合わせください。
→記入事項フォーマット
郵送費用等は、ドナーの自己負担とさせて頂きます。ご協力をお願い致します。
詳しい内容、ご質問等はお気軽にお問い合わせください E-mail のみ承っております。
下記の E-mail アドレスにて承っております。

お問い合わせご質問は cca@thesalon.jp
posted by ハト。 at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

「あい」はどこまでいくのだろう?

230115_10670158_210large.jpg


あいぽっど。


あいふぉん。


あいぱっど。
(今はココまで)






あいぼーど。


あいまっと。







あいうぉーる。


あいるーむ。


あいすてっぷ。
(ハト妄想) 
 





あいはうす。 

 
あいじょぶす。
(イワヲ妄想)
posted by ハト。 at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

縁。

「よいこのウクレレ辞典」でおなじみのカワイくん。
彼に出会ったのは4月に東京へ行った時のことです。
ちなさんとふたりで「東京おのぼりツアー」(←高いところに登る旅)をしていたときのこと。お会いしたいなと思っていたのに、たまたま朝から連絡が取れなかった関東地方のリスナーさんとやっと連絡が取れたのがお昼過ぎのこと。本当はランチでもご一緒にという話だったのだけど、まだ合流できそうにないとの言葉とともに「あ、お昼何食べるか決まってなかったら上野はどうですか?」とお勧めされました。

上野かぁ。まだ一度も足を踏み入れたことのない街。せっかくオススメされたんだしと、地下鉄に乗って上野へ。
珍しく迷子になることもなくたどり着いたその洋食屋さんの前で目に入ったのはメニューではなく、すぐ近くにある公園の入り口にあった横断幕でした。



え?骨董市?(←古いものに目がない)


吸い寄せられるかのように公園に入り、何件か先のお店で足が止まりました。
楽器が所狭しとぶら下げられたお店。
そこでちなさんがウクレレを見つけたのです。それがカワイくんでした。


陽気なジョニーディップ風のおじさまはよくいる骨董屋さんの雰囲気とは違いました。
なにしろ陽気。それでいて素人さんにもあたりが柔らかい。聞いたことは丁寧に誠実に答えてくれる。商品を触っても嫌な顔をしない。
いろんな骨董市に行ったけどこういう人は本当に珍しいんです。
カワイくんをちょっと触らせてもらう。古いウクレレのせいか、作りが丁寧。しかも板がいい具合に乾燥しているのかとても響きがいい。一目惚れ。値段を聞いて即購入。
運命の出会いでした。
 
 

 
近々行こうかどうしようか迷っている東京出張。そんなことを考えてる時にあの骨董屋さんを思い出しました。
もし出張に行けたなら、あの骨董屋さんに足を伸ばしたい。そう思って検索してみました。「上野 公園 骨董市 ギター」
するとあるホームページにたどり着きました。でもそのお店があたりなのかどうかわかりません。読み進めると「お店はありません」「骨董市にいつも出店しています」「倉庫はありますが公開していません」そして



「mixiにコミュニティーがあります」との文字。



リンクをクリックし、そのトップページを見た瞬間に「これだ」と直感がありました。
そのコミュニティーの管理人さんのページに飛び、思わずメッセージを送りました。



「間違ってたごめんなさい。4月にKAWAIのウクレレを買ったのですが」と。
ナンパです。





数時間後、お返事が来ました。
「ハト様

そのときのお店の亭主がジョニーデップ(但し海賊バージョンの)にそっくりであれば間違いなく私です(笑)。

ウクレレ気に入ってもらえたようで何よりです。

あれは作りはそう丁寧というわけではありませんでしたがかるくそれでもしっかり鳴ってくれるカンジがとても良いカンジだったのを覚えております。 」


わー!当たった!うん。ジョニーでした!!w



mixiでの活動を休止して数ヶ月。もうmixiには何も期待をしていなかったアタシですが、久々にmixiのチカラを感じました。


人の縁って、すごいな。
だってあの日東京へ行かなければ、あの日たまたまお昼過ぎにそのリスナーさんから電話がなければ、あの日上野に行かなければ、あのお店にも、そしてカワイくんにもであえなかったんですから。


やはりお店は持たない主義のご様子で、出張と骨董市が重ならない限りお会いできそうにありませんが、もし今後重なりそうならご連絡しようかと思っています。
「遊びにいくのでウクレレいっぱい持ってきてくださいね」と。
posted by ハト。 at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

iPhone4。

phpwMe9YB_thumb_steve-jobs-wwdc-62.jpg

【ジョブズさんとiPhone4】



ついに発表になりました、iPhone4。「4G」やら「HG」やらいろいろ言われてましたが蓋を開けば「4」。
外観に関しては流出画像通り。ジョブズさんの「まったく新しいデザイン。きっとみたこともないはずだ」の言葉に、朝からハマったハトでございます。


はい。さすがに起きていられませんでしたのでWWDCは朝いろんなニュースで拝見いたしました。(2時までは起きてたけど発表まで待てません)5時過ぎ起床。でも目覚めはよかったです。
 
  
docomoユーザー12年。最後まで「もしかしたら……」と期待しましたがdocomoは腰を上げず。仕方ない。今月6月が2年縛り終了月なので、解約するなら今月しかない。というわけで今月で長きに渡るdocomoとのお付き合いもおしまいです。
問題はちなさんの携帯。本来はこれを機会に解約するかと思っていたけれど、そう考えてた矢先に迷子騒動勃発。SIMフリーになるならば今のちなさんの携帯をsoftbankに持っていくこともできるけれど、これも6月を目処になんらかの決定があるというていたにも関わらず今のところあやふやな状態。また携帯を買わなきゃいけないの?
まあ、SIMフリーになったところで多分料金体系で不利になるのは目に見えてるんですが。


いや、まて。
そういや、今3Gsは実質無料だったよね?(←詳しいことはよくわかってない)


とりあえず日本発売は24日?25日?なので、それまでにいろいろ下調べするとしますか。
posted by ハト。 at 07:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

Black Nylon。

20100604164629.jpg



仕入れの途中で脱線し、茶屋町に。
ウクレレ本体はそこそこ在庫してるのに弦は意外と在庫してないのでがっかり。
soprano・Black Nylon・highG。この条件を満たすものはたった2つしか選択肢がなかった。

KAMAKAはカワイくんに。
Hilo Stringsはモドキに。

比較レポはよいこのウクレレ辞典にて。
posted by ハト。 at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

タイムマシーン。

20090804125450.jpg




4年ぶりに再会した仲間から出た一言目は「あれ?今日は旦那来てないの?」だった。
ああ、そうか。アタシがあの家を出たのは4年前のこのレースの直後だったんだと、その言葉で思い出す。彼の中のアタシはあの日のまま止まったままだったんだ。



アタシはあの日とは違う自分になったつもりでいたけれど、意外と何にも変われてないんじゃないかと。
posted by ハト。 at 07:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

*45 ハトポッド。負けず嫌いなハト、のおはなし。

まいど。ハトです。
某番組内で「ハトポッドは全然配信しないので簡単に抜いちゃうよ?」みたいなお話をされていたのを聞いて慌てて無駄な抵抗をするハトです。






むしはかせさんの「ばいおキャスト」
http://www.voiceblog.jp/mushi-hakase/



負けないようにまじめに配信しなければ。


posted by ハト。 at 10:43| Comment(6) | ハトポッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

ちなさんからのプレゼント。

20100513182626.jpg



ままー、これ、きょう、がっこうで つくってん。
ままにあげるー。


 
 
 
 
……。食べろってことですか?(汗
posted by ハト。 at 18:33| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コニカミノルタ ランナーズ 24時間リレーマラソン。

初めてこのレースに参加したのは5年前。ちなさんが幼稚園年少さんだったとき。当時通っていた幼稚園の有志が集まり、15人1チームでエントリー。
ろくに練習もせずに走った初めての24時間。
真夏の舞洲。BBQしながらみんなでじゅんばんこで走る24時間。暑かったし、膝は痛かったし、バナナは3倍に膨張したけれど。
レース終了ラスト1時間を経験するとどんなにしんどくても「また来年」と思ってしまう、麻薬のようなレース。


そんな麻薬に嵌り、再び走った4年前。ちなさんが年中の時。各9人2チームでエントリー。
前年、テントエリアが狭くってどうしてもエリアを増やしたくて2チームに。15人だと休憩時間の方が長いからと1チームの人員も減らした。二度目はしっかりトレーニングも重ねて挑んだレース。
走り始めて8時間後。ある女の子が高熱を出した。そのご両親はその女の子を自宅に連れ帰るために必然的にリタイヤ。その上故障者が出た為、また一人リタイヤ。運悪くそのリタイヤ者が1チームに集中した。残り12時間を6人で廻す事に。その時点でアタシの膝は限界を超えていて、どちらかというとアタシがリタイヤしたいくらいだった。一晩中、誰かを見つけては「なぁなぁ、ここ(左膝)な?錆びた釘が刺さったみたいに痛いねんけど」とグレてみるものの、すでにどの人も限界点に達している為聞く耳をもたない。左膝を庇って走る為、そのうち右膝も故障。歩くのもままならない状態。その夏はカレーが腐るほど暑くて。泣きたいくらい苦しかった24時間。
でもやっぱりレース終了ラスト1時間を経験するともう一度走りたくなる。やっぱり麻薬。


次の年は台風で中止に。
その次の年と、また次の年は幼稚園のお泊り保育の日程と被った為、エントリーできず。



そして、今年。



日程に問題がないため、出場が決定。
でも、すでに経験者は卒園し、在籍しておらず、園には麻薬の味を知らない人ばかり。てっきり人が集まらないかと思いきや、主催者が酒の席で「BBQしながらちょっとランニングぐらいの気分でいけますよ」とビックリするようなことをいうたので、まんまと各8人2チームが結成。なんと卒園児のアタシには話が来ないうちに終わってしまった。
3月に脚を傷めていたので不安があったけれど、しんどいけれど、やっぱり走りたかったな。そう思いつつ諦めてた今日。



突然の電話が。幼稚園のお友達から。
その時、ちなさんの学校の参観中だったので出なかったら、何度も何度もかけてくる。???なんでそんなに慌ててるんだろう??
そう思ってると次は他のお友達からメールが。


「マラソン、参加しませんか?今日エントリー締め切りです」



ええ??
どうやら園内で応募者殺到で急遽もう1チーム追加になったそう。8人増員。すぐにシフト調整、エントリー。脚に不安がないと言えば嘘だけど、こんな無茶できるのもあと何年?と思ったら、ね?



4年ぶりに走る「24時間リレーマラソン」
最近はジョギングもやってないけれど、レースまで2ヶ月ちょっと。がんばって走ってみようかと思います。
posted by ハト。 at 18:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

二人で行く 東京茅ヶ崎バスの旅【その4】

すっかり忘れ去られてます。「二人で行く 東京茅ヶ崎バスの旅」シリーズ。
前回はオトナの街・新宿で「サウナが18禁」だったため入れてもらえず、狭いネットカフェでごそごそ着替えたところで終わってます。
http://hato-pod.seesaa.net/article/146338297.html


***********************
着替えたネットカフェでちゃっかり調べ物をするハト。転んでもタダでは起きないのです。
そこで「東京オノボリさんツアー」を企画し、早速出発。


まず新宿駅まで戻る。アタシはこの新宿駅に去年9月から数カ月おきに既に4回来ているのだけれども一度たりとも迷子にならなかった試しはない。
出口が見つけられないわ、コインロッカーは見つけられないわ、西口と東口の区別がつかないわ、エルタワーが見つけられないわ、交番のおまわりさんにお世話になっても理解ができない新宿駅。
……ま、アタシが迷子になるのはここだけではありませんけどね(大阪でも地元・尼崎でも迷子になる)


でも今日はちなさん連れ。オトナなんだし、しっかりしなきゃ。この半年で4回も来てるんだもん。ちょっとは成長してるはず。


そう思いながら目指すは「都営地下鉄 大江戸線」
まずJR新宿駅の(たぶん)西口改札横のコインロッカーに大きな荷物を掘り込む。ちなさんのエナメルバッグも掘り込む。これで二人とも身軽に。そしてひょいと横を見ると、柱に「都営地下鉄 大江戸線」と言う文字と矢印が。まあ、なんて親切な。今回はあっさり到着できそうね。とテクテク新宿駅内を闊歩する。
すると本当にあっさり「新宿西口」の駅発見。改札を通過し、ホームへ。


……あれ?どっちの電車にのるの??


アタシたちが行きたいのは「赤羽橋」。でもホームに書いてある路線図では直接「赤羽橋」に行く電車がない。あれー?さっきネットで調べたら「都営地下鉄 大江戸線」で一本だったのに???
もう一度改札に戻って駅員さんに聞いてみる。赤羽橋までってどうやっていったらいいんですか??
すると


「次の都庁前で乗り換えて、折り返しの電車に乗ってくださいね」と。



???そうなの??やっぱり乗り換えないといけないの??
なんだか狐につままれた気分だけど、きっと駅員さんは嘘つかないはず。いわれたとおりにいってみよう。……ということで「都庁前」行きの電車に乗り込む。


……ん?
都庁前?


たしか都庁って登れたよね?(←とことんタダでは起きないタイプ)




つづく。


posted by ハト。 at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

stevie wonder。

20100509115436.jpg



気持ちがなんだか落ち着かない時にはstevie wonderを聴く。なんでかわからないけれどそうしたくなる。だからって落ち着くとか問題が解決するわけではないんだけれどこれ以上の無駄なイライラが抑えられそうな、そんな気がする。気がするだけなのかもしれないけど。


何事もなるようにしかならない。逆に言えば何事もどうにかなるものなわけで。
解決できる問題に向けて努力できることを考えることは大切だけど、なるようにしかならないものは考えるだけ無駄。


stevie wonderが好きになったのは小学校の時。stevie wonderよりも先にRibbon In The Skyが好きになった。もちろん意味もわからず聴いていたRibbon In The Sky。その当時から一番好きな曲は?と聴かれた時の答え変わっていない。
posted by ハト。 at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

*44 ハトポッド。「よいこのウクレレ辞典」のおはなし。

まいど。ハトです。
5月1日から新番組「よいこのウクレレ辞典」の配信が始まりました。
キョウトーク・podcasttimeでおなじみの1103(ひとさん)と二人でお送りするウクレレ講座番組。ちなみに二人ともウクレレ初心者です。
さてさてどんな番組になるのやら?



ハトポッドiTunesに登録おねがいします





気がつけば前回「ぷらすハト」をお送りしたのが1ヶ月前。そして前回の「ハトポッド」が2ヶ月前。……こんなええ加減なハトでごめんなさい。
「よいこのウクレレ辞典」はなんと月2回の定期配信です。だいじょうぶか?


posted by ハト。 at 13:03| Comment(0) | ハトポッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

しんばんぐみ、はじめました。

u180180.jpg


激務にかまけてハトポッドほったらかしのハトが新番組を始めました。(←おい)


その名も「よいこのウクレレ辞典
なんと、ウクレレが弾けないくせにウクレレ講座番組をやります。
番組をお送りするのはハトと、キョウトークでおなじみの、そしてハトポッドプロデューサーでおなじみの1103と書いてひとさんです。
初めての二人番組です。
同じくウクレレが弾けないひとさんと一緒に四苦八苦する姿をお送りする番組。
ハトポッド同様、たどたどしさが売りです。
さてどうなることやら??乞うご期待。



posted by ハト。 at 02:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

たけのこ。

20100425174303.jpg


数年前までたけのこなんか買ったことがなかった。
この季節になると欲しい欲しくないに関わらずたけのこを持ってくる友人がいたからだ。


通称ぶーちゃん。元旦那の数少ない友人である。ぶーちゃんのおうちは山を持っているのでそこに生えるたけのこをいつも頼まなくても店まで持ってきてくれていた。
たけのこは時間が経つとどんどん灰汁が強くなるので早く茹でてしまわないといけないのだけれども、夜8時に仕事を終えてそれから晩御飯の支度をして家事を終わらせてからたけのこを茹でるというのは結構過酷な労働であり、嬉しいながらも「あー、来たかー」などと心の中で罰当たりなことを思っていたもんだった。


元旦那と離婚して、ぶーちゃんを含め元旦那の友人とは自然と会わなくなった。そりゃそうだ。だけど何故だか疎遠になった感じはしなかった。そういえば会ってないなぁ。そんな感じ。「そういえば、たけのこ、こなかったなぁ」



そんな寒い4月の夕方、お店にひょっこりとぶーちゃんが現れた。手には段ボールの箱。あ!たけのこがやってきた!
なんだか嬉しくなって話し込む。数年会ってなかったけれどお互い何にも変わってない。変わったのはちなさんだ。ぶーちゃんとも毎週のように遊んでたちなさんはぶーちゃんを思い出せなかった。それもそのはず。ぶーちゃんと遊んでいたちなさんはまだ4歳だった。もうすぐ9歳になるちなさん。それ以外は何にも変わっていなかった。


久しぶりに旧姓で呼ばれた。別居をしてから旧姓で呼ばれることはなかった。元旦那は結婚してもアタシを旧姓で呼んだ。一度も名前で呼ばれたことはない。
「●●がオマエのこと、心配してたぞ。元気してるんかいなって」やはり共通の友人の話を聞く。不思議な縁である。元旦那と縁が切れても元旦那の友人や兄弟とは縁が切れない。
「●●はな、今婚活をしてるんやで。誰かいい人おらんか?」




……。



アナタの目の前に、れっきとした独身女性がいるんですが??
かといって彼の婚活対象にされてもかなり困りますが、まるっきり対象外っていうのもさみしいもんですな。




今夜はその名のとおり「夜なべ」してたけのこを茹でるとしますか。
posted by ハト。 at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

あゆみ。

P1110220.JPG



人生80年というけれど、「行きたい場所に自らの足で赴く」「見たいものを自らの眼で見る」「やりたいことを自らの身体で実践する」という体力を有して実行するっていう意味では、きっと既に「人生の折り返し地点」を通過しちゃってるんだろうなってふと思った、冷たい雨の4月下旬。



思った瞬間に「動き」「見て」「やる」ということにもっと貪欲にならないと。
 
 
 
 
この歳だから「なんにでもなれる自分」ではないけれど「何かになれる自分」はまだまだたくさんあるはずだから。



きっと道はまっすぐではないんだよ。
posted by ハト。 at 15:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

けんさ。

20100420073507.jpeg



お弁当の日なのに6時35分に起きた、思いっきり朝寝坊ハト。でございます。
家を出るのは7時10分。よく間に合ったもんです。
慌てて朝ご飯を食べさせてるちなさんが「あ、まま。にょう」とつぶやく。
???
あー、尿検査忘れてた。時既に遅し。今朝の分は既に完売です。
検査は明日でも大丈夫とのことなので、明日は忘れないようにしないとね。




まあ、尿検査とギョウ虫ペーパーくらいならウロペーパーと顕微鏡があれば朝飯前なんで自分でやっても、というか、自分でやったほうが正確なデータが出せるって思うんですけど。



検査の仕事に携わっていたのはもう15年ほど前になるんです。
春のこの時期になると集団検診が毎日のようにやってきます。集団検診だけをやる部署はもちろんあるんですが、手に負えないくらい一気にくるとこちらにも廻ってきます。通常ルーチンが終わってからノルマ200枚、とか。通称「ギョウ虫残業」。

尿なんかは機械に通して100本単位ずつ検査するんですが、このギョウ虫ペーパーは実は目視検査。ほとんどの検査項目がオートマティック化してる中でこの検査だけは何故だか進化しません。一枚一枚顕微鏡で全視野見るのです。2枚のスライドガラスに挟み込んでステージに乗せて焦点を合わせる。対物レンズは×20。接眼レンズは×10なので200倍に拡大して見ることになります。

ギョウ虫の卵は「光る柿の種」と形容されます。ノルマ200枚の中にひとつも検出されないことがあります。それが「正常」なのですから。あって一枚。その一枚の中の「光る柿の種」を探す作業はまさしく宝探し。ええ、不謹慎なんですがね。


毎年、ちなさんがこの検査を持って帰ってくると「自分でやった方が早いのに」って思ってしまいます。いや、やりたい。やらせてください。OLYMPUSの顕微鏡。毎日当たり前のようにそれを覗いていた毎日が懐かしい。白衣と顕微鏡とシャーレ。もう一度あの世界に戻りたい欲が毎年この時期にやってくる。春だなぁ。






あ。このギョウ虫ペーパー。2回法じゃん(汗
1回法でも充分なのに。(←今日やってないから一日足りない)
posted by ハト。 at 08:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

OLYMPUS PEN × PhotoCinema。

h2_image.jpg

http://fotopus.com/school/real/special/photocinema/




クリエイティビティの高いデジタル一眼『OLYMPUS PEN』と、写真を一瞬で『映画のようなストーリー仕立てのムービー(フォトシネマ)』にしてしまうフォトムービー・ソフトウェア『LiFE* with PhotoCinema 3』を使って作成したフォトシネマの魅力を、プロカメラマンが紹介するワークショップ。
全国各地のアップルストアで開催します。


アップルストア大阪心斎橋は4月18日(日)


*****************
こんなイベントに行っちゃったらOLMPUS PEN欲が抑えられなくなること間違いなし。キケンキケン(←でも行きたい)
posted by ハト。 at 17:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。